こんな考えで治療します

TOP > こんな考えで治療します > 東葛西歯科クリニックの治療方針

東葛西歯科クリニックの治療方針

1.短期間で治療が終わるスピード治療

あなただけのプランづくり

忙しい合間を縫って歯医者さんに行っても治療時間はたったの5~10分。そんな通院を何ヶ月も続けた経験がある方も多いのではないでしょうか。
当医院では、そのような画一的な治療ではなく、「何週間以内で治療を終わらせたい」「通院回数は少ないほうがいい」...といった、各々のご都合やご要望に合わせた治療内容を考える「あなただけのプランづくり」を行っています。
他院で半年以上かかるケースでも場合によっては1ヶ月以内で終わることも可能です。 たとえば「通院回数を少なくしたい」という方には1回の治療で可能な限りの治療を行い、来院していただく回数を少なくするという選択肢もあります。
これは、無理やり治療を詰め込んだり必要な治療内容を省いたりすることではありません。
ひとりひとり、じっくりお話をお聞きしたうえで最善と思われる治療を行っています。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

インプラント併用 スピード治療

東葛西歯科クリニックではインプラント治療を併用することで、スピード治療を可能にしています。

 

【ワンデーデンチャーシステム】

義歯が合わない、動く、噛めない などでお悩みの患者様にはこの方法がお勧めです。 朝、来院時には現在装着の義歯を持参していただき、インプラントを数本埋入し、義歯を改良することにより、帰宅時には義歯がぴったりフィットし動かなくなります。 当日の夕方からお食事をとることができます。

【暫間インプラントシステム】

基本的にインプラント手術を行うと6週間~3ヶ月ほどそこに負荷をかけることができません。ということは、仮歯も入れられないということになります。その際に朗報なのが、この暫間インプラントシステムです。このシステムは、本来インプラントを埋入する予定の場所から少し離した位置に、まさに暫間(仮の)インプラントを便宜的に埋入し仮歯を支える方法です。 この方法ですとインプラント手術を行った当日でも仮歯が入っていますので、審美的にも機能的にも問題なく生活できます。

詳しくはインプラント治療のページへ

2.痛くない、怖くない治療

個室でゆっくり丁寧な治療

従来の歯医者さんのイメージのように、治療を流れ作業のようにこなすことはなく、ひとりひとりの患者様に、たっぷり時間をかけることを第一に考えています。

とくに初回は症状のヒアリングやお口の中の状況の把握、治療内容の説明など十分な時間が必要になりますので、周りの環境を気にすることなくご相談いただけると思います。

詳しくは医院の紹介のページへ

治療の節目、節目で綿密なお話合い

治療にはそれぞれ段階があります。たとえば審美歯科治療だと、問診から検査を経て治療内容を決定したうえで、実際に歯を削って型取りし...というように治療が進んでいきます。
当医院では、このような治療の節目節目でじっくりと話し合いをし、あらゆる選択肢を示したうえで次の治療ステップに進みます。(例えば「歯の形はどうしましょう」とか「歯の色はどうしましょう」とか「材質はどうしましょう」とか「いついつまでに終わらせましょう」など)もちろん、それぞれの治療方法の長所や短所をお伝えしたうえで、歯科医として患者様に最善なアドバイスを行いますのでご安心ください。
歯の治療は、患者様からは何が行われているのか見えない状態で行われます。だからこそ節目、節目で綿密に話し合いをして治療内容を明確にお伝えすることで、患者様の不安や恐怖をやわらげる治療を心がけています。

無痛麻酔の実践

麻酔注射の痛みを嫌がられる方も多くいらっしゃることでしょう。
当医院では、針を刺すときの痛みをなくす塗り麻酔の使用や麻酔の技術によって治療中の恐怖や痛みを軽減しています。実際 私の患者様の9割以上の患者様に 麻酔が痛くない・ 治療が全く痛くない・怖くない と言っていただいています。

静脈内鎮静法の併用

歯医者は痛い、怖い、というイメージをお持ちの方。
小さいころのトラウマや見えないところを触られる恐怖などからも、極端に不安を感じられ歯医者に行くことすらできないという方も少なからずいらっしゃいます。
歯科に対して過度な緊張を感じられる方や インプラントをしたいけど少し怖いなぁ、といった方には「静脈内鎮静法」という特殊な麻酔を併用することも可能です。静脈内鎮静法は、点滴からリラックス、麻酔効果のあるお薬を投与し不安を和らげる麻酔法のひとつです。
全身麻酔ではなく受け答えもできるので、不安なときはお伝えいただくこともできます。また、治療時間が実際より短く感じるなどの効果もあります。

3.世界の最先端の治療方法の導入

歯肉・骨の再生療法

GRBやサイナスリフトといった、骨の再生療法を併用することにより、従来インプラントができなくてあきらめていた患者様でもインプラント治療が可能になりました。
あるいは、歯周病であきらめていた患者様にも歯肉の移植、エムドゲインを使用することにより、歯肉や歯槽骨の再生を はかり、抜歯しなくてもいいケースも少なくありません。

詳しくはインプラントのページへ

学会などへの参加

国内外で行われる学会や研修会、他の医師たちとの交流などを通じて、最先端の技術や知識、情報の収集に日々努めています。

世界的歯周病の権威Lindhe教授

チーム医療の実践

当医院では、患者様に最適な治療をベストな環境で行うためにも、「チーム医療」を実践しています。
細分化される歯科医院の作業をそれぞれのスペシャリストが担当。歯科衛生士、歯科技工士、矯正専門医など、その道のプロが連携して最善の治療をいたします。